アーティスト

Klang Ruler(クラングルーラー)メンバーのプロフィール!年齢や出身地は?

TikTok Weekly Top20で6週連続1位を続け、今話題になっているKlang Ruler(クラング・ルーラー)

徐々に、メディアへの出演が多くなり、その音楽性や実力に、虜になる人が増えてきています。

今回は、Klang Ruler(クラング・ルーラー)5人のメンバーのプロフィールをご紹介していきます。

スポンサーリンク




Klang Rulerはどんなバンド?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Klang Ruler(@klangrulerofficial)がシェアした投稿

Klang Ruler(クラング・ルーラー)は、男性3人と女性2人からなるバンドです。

  • yonkey(ヨンキー)
  • やすだちひろ
  • Gyoshi(ギョシ)
  • かと たくみ
  • SimiSho(シミショウ)

TikTokでじわじわと人気を集め、2022年4月27日現在、Billboard JAPANの【今週のTikTokソング・チャート”TikTok Weekly Top 20”】で6週連続1位にランクインしています!

Klang Rulerは、オリジナル曲はもちろんですが、ブラックビスケッツの「タイミング」や「ルージュの伝言」など数多くのカバー曲も動画にアップしています。

そして、2022年4月1日にリリースされた『ジェネリックラブ』は、ラジオなどで流れて、リスナーが気になって、誰のどんな曲かを、探して聴きたくなるほどの心地良い音楽になっています。

それでは、一人ずつメンバーをご紹介していきます。

スポンサーリンク




Klang Rulerメンバー・yonkey

 

この投稿をInstagramで見る

 

yonkey(@yonkey5330)がシェアした投稿

まずは、 Klang Rulerの要となるyonkey(ヨンキー)さんから。

プロフィール

名前:yonkey(ヨンキー)

生年月日:1997年

年齢:24~25歳(2022年現在)

出身地:東京都

出身校:音楽関係の専門学校

ボーカル担当

yonkeyさんは、バンド内では、ボーカルの他、作詞・作曲、アレンジやミックスまでこなせる人なんです。

そして、トラックメイカー、音楽プロデューサーという肩書まで。

凄い才能の持ち主!

yonkeyがバンドを始めたきっかけは?

yonkeyさんはKlang Rulerの創設人でもあるんですが、バンドを始めようと思ったきっかけがあります。

18歳の時に、UVERworldのライブを観て、その帰りに、そのまま隣に住んでいるSimiShoをバンドに誘った。

そして、yonkeyさんはSimiShoを誘って、高校卒業後、音楽の専門学校に進んでいます。

もともとSimiShoさんは、別の道を考えていたようですが、一緒に音楽をやりたいと思い、専門学校へと進んだと言います。

yonkeyは音楽プロデューサー

yonkeyさんは、専門学校の2年間は修業期間として、毎日誰かの曲のトラックをコピーして勉強を続けていました。

その経験が今の音楽に繋がり、トラックメイカーとして、そして音楽プロデューサーとしての才能も発揮しています。

プロデュースをした人の中には、

  • Rin音
  • 新しい学校のリーダーズ
  • 山本彩

etc.

など多くの人に、楽曲提供をしたり、楽曲リミックスなどもしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Klang Ruler(@klangrulerofficial)がシェアした投稿

スポンサーリンク




Klang Rulerメンバー・やすだちひろ

では、やすだちひろさんのプロフィールです。

プロフィール

名前:やすだちひろ

生年月日:1993年4月27日

年齢:29歳(2022年4月現在)

出身地:

ボーカル担当

やすだちひろさんは、現在、ボーカルとしてバンドで活躍していますが、実は、過去にいたバンド「MINT mate box」では、ベースを担当していました。

残念ながら、そのバンドは2016年から約3年で解散となってしまい、その後、現在のKlang Rulerに加入しています。

やすだちひろはアパレルブランドを持っている

やすださんは、2014年頃からスピンズとショップのアルバイト店員をしていました。

いつかは自分のアパレルブランドが作ってみたい、から始まったのが、1つ目のブランド『まると、さんかくと、しかくと』です。

このブランドは、当時働いていたショップが縁で、入った会社で作ったブランド。

その後2016年に退社し、独立。

新たに『CHIHIROYASUD』のブランドを立ち上げます。

ブランドを立ち上げた時とほぼ同時期に、バンド「MINT mate box」の活動も始めました。

そして、2019年に新たな3つ目ファッションブランド『POLY(ポリ)』を始め、バンドと並行して活動中です。

スポンサーリンク




Klang Rulerメンバー・Gyoshi

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gyoshi(@gyoshi_desu_)がシェアした投稿

Gyoshiさんのプロフィールです。

プロフィール

名前:Gyoshi(ギョシ)

生年月日:

年齢:

出身地:熊本県

身長:163㎝

ギター担当

Gyoshiさんは、高校生の時にギターを始めています。

きっかけは、漫画「けいおん」を読んだこと。

「けいおん」に出てくるあずにゃんこと中野梓のギターに憧れたことなんです。

そこからギターの練習をがんばって、音楽の専門学校へも通っていたと言います。

Klang Rulerへ加入したタイミングは、やすだちひろさんと同時期。

もともとKlang Rulerには、リキさんというギタリストがいたんですが、ギタリストを辞め、その後、Gyoshiさんが正式なギタリストとして加入することに。

ちなみにリキさんは、現在でもKlang Rulerに関わっていて、バンドの映像担当をしています。

GyoshiはYouTubeでは性別不能だった?

Gyoshiさん、前々からYouTubeに、ギターの演奏動画をあげていたのですが、その角度や演奏のみの動画、ということで、YouTubeのコメントには、「男の人か女の人か、分からない」などと言われていました。

YouTube企画の、質問に答える!でGyoshiさんが顔を出して、しっかり話していました。

ちなみに、Gyoshiさんの事を、やすだちひろさんは、「ド天然」だと言っています。

Gyoshiはモデルのお仕事も

Gyoshiさんの可愛さから、モデルのお仕事もしています。

・アパレルブランドの「over print(オーバー・プリント)」

・クラフトギターの「Caramel‘s Guitar Kitchen(キャラメルズ・ギター・キッチン)」

・ギター・ブランドの「Ibanez(アイバニーズ)」

スポンサーリンク




Klang Rulerメンバー・かと たくみ

次は、かとたくみさんです。

プロフィール

名前:かと たくみ(通称・かとっちゃん)

生年月日:6月18日

年齢:

出身地:

ベース担当

かとたくみさんは、音楽理論にメチャクチャ詳しい人で、やすだちひろさんが何か困っていると、次々に詳しいことを細かく言うほどで、やすださんが追いつけないほど…。

そして、サウナ好き、ゲーマーということもあり、ゲーム配信ちゃんねるまで開設しています。

ゲーム配信チャンネル

加藤(食物繊維)

という名前でチャンネル登録をしています。

かと たくみのベースがヤバすぎる!

かとさん、根が真面目な人でストイックに練習を重ねられる人なんです。

その証拠に、高校1年生からベースを始め、毎日動画を更新。

そして6年間続けた結果の動画は、バズり中!

2022年4月29日現在、267万回視聴されています。

Klang Rulerに加入したきっかけは?

かとたくみさんが、Klang Rulerに誘われたきっかけは、専門学校のオープンキャンパス。

yonkeyさんが、ドラゴンみたいな5弦ベースを持っているかとさんに、声をかけたことがきっかけ。

お互いの第一印象は「こいつヤバい」だったようです。

スポンサーリンク




Klang Rulerメンバー・SimiSho

 

この投稿をInstagramで見る

 

Klang Ruler(@klangrulerofficial)がシェアした投稿

最後はSimiShoさんです。

プロフィール

名前:SimiSho(シミショウ)

本名:清水翔太

生年月日:1997年

年齢:24~25歳(2022年現在)

出身地:東京都

出身校:音楽の専門学校

ドラム担当

SimiShoさんはyonkeyさんの幼なじみで、家も隣同士。

だから小さい頃の事をよく知っています。

SimiShoさん、小学生の頃はかなり破天荒な子どもだったようで、授業中や休み時間「うぉー」と叫んで廊下を走るタイプ。

yonkeyさんの家に遊びに行って、おもちゃを壊して帰るほど。

でもSimiShoさんも、さすがにこのままではヤバいと思った時期が来て、そこから変わっていったようです。

SimiShoがドラムをやることになったきっかけは?

yonkeyさんのバンドをやりたい熱をSimiShoさんが受ける形で、バンドを始めることになったんですが、ドラムをやることになったのは、yonkeyさんの一言から出した。

バンドをやるから、お前はドラムをやってくれ

何故、ドラムを?ですよね。

実はSimiShoさんは、小学生の頃、太鼓クラブに入っていたことがあり、それをyonkeyさんが覚えていたからなんです。

さすが、幼なじみです。

SimiShoは照明技士でもある

SimiShoさん、ドラマーだけでなく照明技士のスキルもある人。

いろんなアーティストの映像作品に裏方として関わっているんです。

もちろん、自分たちのバンドの映像の照明もやっています。

元ギタリストのリキさんが監督をし、Klang RulerのMV「Midnight Session」を作っています。

スポンサーリンク




まとめ

Klang Rulerのメンバーの事、知れば知るほど、なんて個性的なメンバーなのか面白くなってきます。

今、TikTokから出てくるアーティストも多くなっています。

これからどんな活躍をしてくれるのか楽しみです。