女優

辻本舞の旦那の仕事はスタイリスト!かつて劇団四季に所属していた?

プレバトで絵の才能を発揮している辻本舞さん。

すでに男の子2人のお母さんでもあります。

忙しい仕事の中、子育てをしたり、家事をしたりするのはきっと大変でしょうね。

そこには、辻本舞さんを支えるすてきな旦那さんがいるんですよね。

今回は、辻本舞さんの旦那・前田順弘さんについてまとめてみました。

スポンサーリンク




辻本舞の旦那はどんな人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

辻元 舞(@mai_tsujimoto)がシェアした投稿

辻本舞さんと言えば、TBS系『プレバト』で、全出演者の中で最多の7部門で特待生に認定されるほどの実力の持ち主。

  1. 水彩画
  2. 消しゴムはんこ
  3. 陶芸
  4. 色鉛筆
  5. 丸シールアート
  6. バルーンアート
  7. バナナアート

その才能を持った奥さんを持つ旦那さんってどんな人なんでしょう?

調べてみると、かなりのイケメン!

名前を、前田順弘(まえだ・よしひろ)さんと言います。

辻本舞さんと前田順弘さんは、お二人ともUSJでお仕事をしていた経験があるんです。

辻本舞さんは、小学4年生からダンスを習っていて、高校を卒業後、2人いる兄のひとりがUSJのダンサーをやっていたことがきっかけで、辻本舞さんもUSJのダンサーになっています。

夫の前田順弘さんは、高校時代に新体操をしていて、全国大会で優勝をした経験を活かして、USJのスタントマンをしていました。

辻本舞さんは、ダンサーをして4年でスカウトをされて、上京。

前田順弘さんも、何年スタントマンをしていたのかは分かりませんが、2008年にはUSJを辞めて上京しています。

そして、2人は、USJにいる頃からの知り合いで、東京にUSJの卒業生が集まる会で旦那の前田さんから猛アタックを受けてお付き合いが始まっています。

その後、2013年に結婚をしています。

辻本舞さん26歳、前田順弘さんが33歳の時です。

スポンサーリンク




辻本舞の旦那の現在の仕事は?

辻本舞さんは、現在、モデルの他女優業・本の執筆などもされています。

旦那の前田順弘さんは、現在、どんな仕事をしているのか調べてみると、スタイリストであることが分かりました。

インスタに載せるオシャレ感はさすがと言ったところ。

よく一緒にお仕事するのは、ハリー杉山さんだとか。

2020年、LEEの特集記事では、辻本舞さんのスタイリストはご主人の前田順弘さんでした。

前田順弘スタイリスト引用元:LEE

一般的にスタイリストの収入はどのくらいあるのか調べてみると、平均的には、年収335万円と言われています。

もちろんピンキリで、フリーランスで働くスタイリストの中には、年収1000万円を超える人もいると言われています。

前田順弘さんがどのくらいのお仕事をされているのかは、さすがに分かりませんでした。

スポンサーリンク




辻本舞の旦那は劇団四季にいた?

辻本舞さんの旦那の前田順弘さんは、USJのスタントマンをしていて、現在はスタイリストと全く異なる仕事をしています。

実は、この2つの仕事の間には、別の仕事をしていたんです。

それが、あの劇団四季です。

前田順弘さんが、劇団四季の初舞台として出演したのは、2008年の『ミュージカル李香蘭』で、その後は、『ライオンキング』『劇団四季 ソング&ダンス55ステップス』でした。

2013年に、辻本舞さんと結婚をする前に、劇団四季を辞めてスタイリストに転職をしているので、舞台に立っていたのは、5年弱だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク




まとめ

辻本舞さんと旦那の前田順弘さん、夫婦円満の秘訣は「ため込まないこと!」だそうです。

不満を言葉にして伝えることで、スッキリして、また笑顔になれるのだそうです。

けんかをしながらも、時には、2人でランチを楽しんで、2人だけの時間を大切にしているのもステキです。

現在、スタイリストとして働く前田順弘さん。

お互いに支え合っているんですね。