スポーツ選手

【顔画像】桃田賢斗の父親や母親はどんな人?職業や家族構成まとめ

現在、世界ランキング1位となっているバトミントンの桃田賢斗選手。

賭博や事故でいろいろありましたが、金メダル候補の一人として大注目ですね。

その桃田選手を見守ってきた父親や母親はどんな人なんでしょうか?

今回は、桃田選手の父親、母親はどんな人か、職業は何をされているのか、そして、

家族構成についてもまとめてみました。

桃田賢斗のプロフィール

まずは、桃田選手の簡単なプロフィールから。

【名前】桃田健斗(ももた けんと)

【生年月日】1994年9月1日(2021年7月現在26歳)

【出身地】香川県三豊市(みとよし)

【身長】175㎝

【体重】68㎏

【血液型】A型

桃田選手の実家はうどんで有名な香川県なんですね。

うどんが大好きなようで、ご本人のユーザーでもうどんの企画をしていました。

そんな桃田選手のご両親はもちろん香川県三豊市に住んでいらっしゃいます。

桃田健斗の父親はどんな人?

桃田選手の父親の名前は、信弘さんと言います。

年齢は、2021年現在、56歳になると思われます。

信弘さんは、現在も香川県三豊市にお住まいで、お仕事は三豊市にある『ミノツ鉄工(株)』にお勤めです。

少し前の情報になりますが、信弘さんは、『ミノツ鉄工(株)』の専務取締役としてご活躍されているようです。

 

桃田選手がバトミントンを始めたきっかけは、3歳上の姉・めい子さんが所属していた三豊ジュニアのコーチに誘われたでした。

その時は、小学2年生の時。

そこからの信弘さんのサポートが素晴らしいです。

両親は、バドミントン経験者ではないが、父親がすごく熱心にバドミントンの事を勉強してくれた。

自宅にコートも作ってくれて、そこでフットワークをやっていた。

引用元:バド×スピ

素晴らしいサポート!

父親がバトミントンの勉強をし、支えてくれたことで、桃田選手は、メキメキと上達し、小6の時には、全日本ジュニアグランプリで香川代表として出場し、優勝に貢献しています。

そして、シングルス優勝までしています。

親の力ってすごいですね。

桃田健斗の母親はどんな人?

桃田選手の母親の名前は、美千代さんと言います。

年齢は調べてもわかりませんでした。

母親として、桃田選手を見守り続けていました。

実は、桃田選手、6年生の時には、中学生になったら野球部に入る可能性も考えていたそうです。

もともと、父親は野球をやらせたいと思っていた人です

桃田選手自身も、野球かバドミントンか考えていて、全国大会で優勝できなかったら野球をやるつもりだったようです。

結果、バドミントンで優勝。

もっとバドミントンをと思って、バドミントンで有名な福島へ中学生からバドミントン留学をしたい、と両親に言っています。

その時に、父親と母親は悩み、喧嘩までしたと言います。

でも、両親揃って、応援することにしたのですね。

桃田選手、中学は福島の中高一貫校である富岡第一中学校へと進学をし、バドミントンのスキルを上げていきました。

母親の美千代さんにとっては、応援したい気持ちと、寂しい気持ちがあったのではないでしょうか。

2016年に桃田選手が賭博で騒がれた時は、美千代さんはショックのあまり寝込んでしまい、食事も喉を通らない状態になっていたようです。

桃田健斗の姉は?

桃田選手には、自分をバドミントンの世界へ繋げた姉・めい子さんがいます。

3歳上ということで、現在は30歳になっていると思われます。

以前出演した「情熱大陸」では、姉の子ども2人と遊ぶ姿が放映されています。

2人とも男の子。

めい子さんは、現在バドミントンの世界ではなく、結婚をされて子供たちと元気に過ごしているようです。

まとめ

リオオリンピックの時は、賭博事件で謹慎処分になり、メダルを期待されている中、出場が出来ませんでした。

小さい時から、オリンピックに憧れ、バドミントン留学までし、紆余曲折をしながらも現在は世界ランク1位になるまでに成長しています。

今回の東京オリンピックではメダル確実と期待されています。

是非頑張って欲しいですね。