アーティスト

BE:FIRSTとINI・どちらが人気?徹底比較を数値でしてみた結果は?

2021年11月3日に、同時にCDデビューをするBE:FIRST(ビーファースト)とINI(アイエヌアイ)。

どちらのボーイズグループも、オーディションを勝ち抜いてきたグループ。

そして、オーディションから注目をされていたグループです。

同じ11月3日にデビューをすることで、ファンの間では、どっちが人気になるか気になってしょうがないようです。

今回は、この2つのグループ、BE:FIRSTINIが、今現在どちらが話題になっているのかをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク




BE:FIRSTとINI・それぞれのグループ紹介

まずは、BE:FIRSTとINIのグループプロフィールをご紹介しましょう。

BE:FIRSTのグループ・プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

BE:FIRST(@befirst__official)がシェアした投稿

BE:FIRSTは、AAAの日高光啓ことSKY-HIが会社を立ち上げ、自ら1億円を出資して行ったオーディションから誕生したボーイズグループです

SKY-HIが掲げた、

  • クオリティーファースト
  • クリエイティブファースト
  • アーティシズムファースト

を審査基準としていることで、才能のあるメンバーが集まっていますね。

2021年8月13日にメンバーが選ばれ、グループが誕生しています。

メンバーは7人。

ソウタ(島雄壮大・しまおそうた)21歳

シュント(久保舜斗・くぼしゅんと)18歳

マナト(廣瀬真人・ひろせまなと)21歳

リュウヘイ(黒田竜平・くろだりゅうへい)15歳

ジュノン(池亀樹音・いけがめじゅのん)24歳

リョウキ(三山凌輝・みやまりょうき)23歳

レオ(上村礼王・かみむられお)23歳

(2022年5月現在・平均年齢20歳)

 

このオーディションは、日本テレビ系の『スッキリ』で放送されていたので、見たことがある方も多かったのではないでしょうか。

また、オーディション中のSKY-HIさんの言葉が、話題になっていました。

これほど、心を動かす言葉はない、というほど。

それだけ、一人一人をじっくり見極めていたようです。

グループ名のBE:FIRSTは「常にトップを狙う」という意味があります。

そこには、SKY-HIさんの

「自分がナンバー1であり続けることと同時に、他の人がナンバー1であることを尊重し、愛し続けて欲しい」

という思いも込められています。

スポンサーリンク




INIのグループ・プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

INI(@official__ini)がシェアした投稿

INIは、韓国発祥のサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』(略称日プ)のオーディションから誕生したボーイズグループです。

このオーディションは、視聴者の国民投票という形で選ばれ、11人が決まりました。

また、先に誕生したJO1の弟分でもあります。

メンバーは11人。

木村柾哉(きむら まさや)24歳

池﨑理人(いけざき りひと)20歳

尾崎匠海(おざき たくみ)22歳

後藤威尊(ごとう たける)22歳

佐野雄大(さの ゆうだい)21歳

許豊凡(しゅう ふぇんふぁん)23歳

高塚大夢(たかつか ひろむ)23歳

田島将吾(たじま しょうご)23歳

西洸人(にし ひろと)24歳

藤巻京介(ふじまき きょうすけ)22歳

松田迅(まつだ じん)19歳

(2022年5月現在・平均年齢22歳)

 

このオーディションは、GYAO!で配信され、また、TBS系では4月14日から最終選考の6月9日までは、深夜に特別番組が放送されていました。

最終選考は、6月13日14時から生放送され、国民プロデューサーとともにドキドキしながらテレビの前に張り付いて見てしまいました。

INIのグループ名には、オーディションで出会った11人の僕たち(私:I)があなた(I)と繋がり合う(Network)という意味が込められています

スポンサーリンク




BE:FIRSTとINI・どちらが人気?

同じようにオーディションで選ばれ、同じ日にCDデビューとなれば、ん?どっちが人気が出るのかなぁ~、なんて気になってしまいすね。

いろんな方法で比べてみましょう。

BE:FIRSTとINI・YouTubeチャンネル登録者数で比較

BE:FIRSTとINI、どちらもYouTubeチャンネルを持っています。

デビュー直前のチャンネル登録者数を比較してみましょう!どちらも2022年5月29日現在です。

BE:FIRSTのチャンネル登録者数は、50.6万人

INIのチャンネル登録者は36.6万人

YouTubeチャンネル登録者数は、BE:FIRSTの方が多いですね。

BE:FIRSTとINI・YouTube動画再生数で比較

BE:FIRSTとINIのデビュー曲のMVの動画再生数で比較してみます。

再生数はどのくらいあるのでしょうか。

2022年5月29日現在の動画再生数は、1908万回

スゴイ再生数ですね。

 

一方、INIの動画再生回数。

2022年5月29日現在の動画再生数は、1284万回

 

MVの動画は、BE:FIRSTの再生数が多いですね。

スポンサーリンク




BE:FIRSTとINI・Instagramフォロワー数で比較

続いて、インスタフォロワー数で比較してみます。

BE:FIRSTのフォロワー数は40.4万人

INIのインスタフォロワー数は33.9万人

 

こちらもBE:FIRSTがINIを上回るフォロワー数です。

BE:FIRSTとINI・Twitterフォロワー数で比較

次は、Twitterフォロワー数の比較です。

BE:FIRSTのTwitterフォロワー数は25.5万人

INIのTwitterフォロワー数は、39.2万人

Twitterフォロワー数では、INIのフォロワー数の方が断然多いです。

スポンサーリンク




BE:FIRSTとINI・TikTokフォロワー数で比較

TikTokでは、どちらのフォロワー数が多いのでしょうか。

BE:FIRSTのフォロワー数は、143.8万人

INIのフォロワー数は、なんと305.9万人

驚異的にINIのフォロワー数の方が多いです。

スポンサーリンク




BE:FIRSTとINI・徹底比較を数値でしてみた結果は?

ここまでBE:FIRSTとINIの比較を数値化してみました。

BE:FIRSTとINIの結果は?

YouTubeチャンネル登録者数:BE:FIRST

YouTube動画再生数:BE:FIRST

Instagramフォロワー数:BE:FIRST

Twitterフォロワー数:INI

TikTokフォロワー数:INI

 

5つの項目で比較してみた結果は、BE:FIRSTの方が数値的に上回っていましたね。

BE:FIRSTとINI・デビュー前メディア露出度で比較

CDデビュー前からどちらのグループも人気がありますが、メディア露出度を見てみると、BE:FIRSTの方が目にしてきた気がします。

テレビ出演、ラジオ出演、雑誌の特集記事などなど…。

ラジオだけのことで言えば、メンバーの地元のラジオにコメントを寄せることまでしていました。

マナトさんは福岡出身、リュウヘイさんとシュントさん、リョウキさんは愛知県。

地元のラジオに声が乗れば、ファンも増えそうです。

きっとSKY-HIさんが今までAAAとして活躍してきて、メディア露出度を多くすることが大切だと思っていたのだと推測します。

リュウヘイさん、シュントさん、リョウキさんは地元名古屋で毎週CBCラジオのコーナーを担当しています。

(2022年1月現在)

スポンサーリンク




まとめ

2021年11月3日に、BE:FIRSTとINIが同日CDデビューです。

BE:FIRSTとINIは、個性が全く違うグループに見えますので、どちらも人気が出ることは間違いないです。

それぞれの良さで、ますます活躍していくことを楽しみにしています!