女優

當真(とうま)あみの出身中学・小学校はどこ?高校は東京へ!

「妻、小学生になる。」で女優デビューを果たした、當真(とうま)あみさん。

その存在感は忘れられないほどでした。

デビューして間もない當真(とうま)あみさんの活躍は、ますます広がるばかり。

今回は、當真(とうま)あみさんの出身中学校や小学校、そして高校をご紹介しながら、プロフィールも見ていきましょう。

スポンサーリンク




當真(とうま)あみの経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

當真あみ(@ami_touma_)がシェアした投稿

まだあどけなさが残る當真あみさん。

プロフィールのご紹介です。

名前:當真あみ(とうまあみ)

生年月日:2006年11月2日

年齢:15歳(2022年4月現在)

出身地:沖縄県

身長:160㎝

血液型:O型

趣味:音楽鑑賞・アニメを見ること

特技:バイオリン・ピアノ

所属事務所:Dine and indy(ディネ アンド インディー)

當真あみさんは、2020年10月に沖縄県内でスカウトされて、現在の事務所『Dine and indy(ディネ アンド インディー)』に所属しています。

『Dine and indy(ディネ アンド インディー)』は、先輩として玉城ティナさんが所属をしているところです。

『Dine and indy(ディネ アンド インディー)』は東京都と沖縄県に事務所があり、沖縄県出身のタレントも多いのでしょう。

當真あみさんは、事務所に所属したあと、初めてのお仕事になったのが、リクルートのCM。

スポンサーリンク




當真(とうま)あみの出身中学校は?

當真あみさんは、沖縄でスカウトをれているのですが、中学校はどこに行っていたのでしょうか?

公表をされてはいませんが、「當真」という珍しい名前から地区が分かるのでは、と思い調べてみました。

「當真」という苗字は、沖縄県に約600人いると言われています。(参照元:日本姓氏語源辞典

その沖縄でも、沖縄市が約300人、那覇市が80人というデータがあります。

もしも、當真あみさんがこのどちらかの市内に住んでいたのなら、沖縄市で中学校は9校那覇市の中学校は18校あります。

沖縄市

  • 安慶田中中学校
  • 沖縄東中学校
  • コザ中学校
  • 越来中学校
  • 美東中学校
  • 美里中学校
  • 宮里中学校
  • 山内中学校
  • 県立球陽中学校

那覇市

  • 石田中学校
  • 石嶺中学校
  • 上山中学校
  • 小禄中学校
  • 金城中学校
  • 神原中学校
  • 鏡原中学校
  • 古蔵中学校
  • 首里中学校
  • 城北中学校
  • 城北中学校若夏分校
  • 仲井真中学校
  • 那覇中学校
  • 松島中学校
  • 松城中学校
  • 真和志中学校
  • 安岡中学校
  • 寄宮中学校

このどこかの中学校かもしれませんね。

今後、情報が出てきたら追記していきます。

スポンサーリンク




當真(とうま)あみの出身小学校は?

當真あみさんの出身小学校は、特定するにはかなり難しそうです。

沖縄市の公立小学校は16校那覇市になると36校ありました。

こちらも詳しい情報が出てきたら、追記していきたいと思います。

當真(とうま)あみの高校はどこ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

當真あみ(@ami_touma_)がシェアした投稿

當真あみさんは、2022年3月に沖縄の中学校を卒業

高校は、上京して東京の高校に通うことが決まっています。

ということは、中学校を卒業するまで、沖縄から東京へお仕事に通っていたということですね。

東京で通う高校は明らかにされていませんが、事務所の先輩である玉城ティナさんが、目黒日本大学高等学校に通っていたので、當真あみさんも同じ高校に通うのではないでしょうか。

目黒日本大学高等学校には、芸能コースがあり、芸能活動と学業を両立するにはとても良い高校だと思います。

スポンサーリンク




當真(とうま)あみの出演作は?

當真あみさんのデビュー作は、リクルートの企業CMです。

CMとしては、その後、ブルボンのウェブCMに出演し、この2022年4月からは、アサヒ飲料「カルピスウォーター」のCMが決まりました。

ドラマは、TBS系『妻、小学生になる。』の出雲凛音役がデビュー作。

映画『いつも難しそうな本ばかり読んでいる日高君』では、サキ役で主演を果たしてます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

當真あみ(@ami_touma_)がシェアした投稿

また、當真あみさんの特技がバイオリンとピアノとなれば、音楽に関わる役もこなせそうです。

そして、バイオリンとピアノの腕前もすごいようです。

バイオリンは、バイオリンを弾く真似をしているのを見た父親が、亜美さんに勧め、習い始めたのが3歳。

モーツァルトの『アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク』をオーケストラと共演したこともあると言います。

でも、本当は人前で弾くより、クラシックだけでなくJ-POPを弾くことが好き。

また、ピアノは母親に勧められて幼稚園で習い始めています。

中学校の3年間は、合唱の伴奏をやっていたほどの腕前の持ち主。

特技があると、役の幅も広がりそうです。

スポンサーリンク




まとめ

當真あみさんは、中学校を卒業したばかりの15歳。

上京して高校に通うようになるので、ますます活躍してくれそうですね。

楽しみです。